08.02.07

ホイールのエンブレムが・・・

wheel1.jpg

まもなく走行距離が600キロに届きそうな、慣らしも終わっていない、ウチのAlfa 147。
乗り込もうとしてふと足下を見ると、ホイールに何か違和感が・・・。

助手席側の前・左前輪なんだけど、ホイールの中心にあるアルファのエンブレムの周囲が茶色い!

「なんだコレ?」と思って指で触ってみると、サビだ。

早速“イタ車”の洗礼か!?

見た感じ、エンブレムの裏の方から滲み出てきている感じ。

あんまり錆びるイメージの無い部分だけによくわからないが、とりあえず“KURE 5-56”を吹き付けて様子を見てみる事にした。
これで効果が無ければ、ディーラーに聞いてみる事にしよう。

もしかしたら、コレぐらいの小さな事は日常茶飯事かもしれないなぁ。

チェックしたところ、サビが出ていたのは左前輪と右後輪のみ。
右前輪と左後輪は汚れてはいたものの何ともなかったが、予防的にここも含めて4輪ともエンブレム周りとホイールナットにも5-56を吹き付けておく事にする。

wheel2.jpg

しかし、覚悟はしていたものの、輸入車のブレーキダストは結構な量だ。
2枚目の写真は左の後輪、前に乗ってたシルビアの後輪なんてほとんど汚れなかったのだが、今度のアルファ 147の後輪は見事な汚れっぷり。

国産車と輸入車では、ブレーキパッドの設計においての考え方が全然違うと言われるが、イヤでも実感できた。
ダストがこびりつかない程度に洗っとかないと、すぐにドロドロになりそうな予感。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1184

コメントする