15.02.07

McLAREN MP4/22

mp422a.jpg

1月15日に発表された“マクラーレン・メルセデス”の新型車『MP4/22』。

今シーズンからメインスポンサーが“ボーダフォン”となり、マシンのカラーリングに赤の部分が若干増えたものの、去年までの“エミレーツ航空”のカラーがそのままボーダフォンのカラーに変わっただけぐらいの印象。
非常に光沢の強いシルバーと赤の組み合わせという車体のカラーはそのままで、マクラーレン・メルセデスのシルバーアローというイメージは健在だ。

mp422b.jpg alonsohamil.jpg

オフシーズンのテストではなかなか好調なマクラーレンMP4/22だが、マシンを見てみての印象としてはあまり去年と比べての変化が少ない。
カラーリングもあまり変わらないし、近年のマクラーレンの特徴である先端の細いノーズ形状も引き継いでいる。
もともとフロントサスペンションのゼロキール化をいち早く採用してきたチームだけに、大幅にコンセプトを変えるようなことも無かったようだ。

ただ、やはりマクラーレンらしく空力的に非常に攻めたクルマであることは間違いない。

低く細いサイドポッドは下部がさらに抉り込まれただけでなく、前端部のエッジが非常に薄くシャープになっている。
出来る限りサイドポッドからマシン後端にかけての部分でのダウンフォースを稼ぎたいための処理だろうが、他のチームに比べても、より過激な方向に進んできているようだ。

キミ・ライコネンに代わり、アロンソというチャンピオンをチームに迎え入れ、カーナンバー“1”を得たマクラーレンチーム。
速いけど脆いという近年のイメージを払拭し、カーナンバー1を守りきる事が出来るか、名門復活はこのニューマシン『MP4/22』にかかっていると言えそうだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1177

コメントする