16.02.07

スペアタイヤレス!

alfa147trunk1.jpg

クルマに乗っている時にタイヤパンクしてしまい、JAFなんかのロードサービスにお世話になった事はあるだろうか?

ボクは幸い今までのところお世話になった事がないのだけど、そういう時にはまずスペアタイヤタイヤを探して交換するよう言われるそうだ。
ところが最近は、「・・・スペアタイヤなんか積んでいません!」と断言されるドライバーが多いとJAFの方の話で聞いた事ある。

そういう場合はJAFの人に「トランクの中などにあるはずです」と言われるそうだが、それでも「無い」と言い続けるとJAFの人が仕方なく来てくれ、トランクのカーペットをめくったらスペアタイヤが登場して驚いたと、ボクの近辺のとある人が言っていた。

まぁ、大抵のクルマはトランクの下にスペアタイヤが初めから積んであるのだけど、たまに本当に積んでいないクルマもあるワケで、ウチのアルファ 147 Tiにもスペアタイヤが無い。

alfa147trunk2.jpg alfa147trunk3.jpg

147の中でも、“147 Ti”だけがこうなのか、最近の年式のモデルは全部こうなっているのか知らないが、ちゃんとスペアタイヤを積んでいる147もある。

で、ウチの147Tiの場合はトランクを開け、フロアカーペットをめくると左上の写真のような発泡スチロール製のトレイが出てくる。
そして、その中に入っているのが右の写真の機械。

このクルマの場合、スペアタイヤの代わりにパンク修理キットが入っていて、タイヤがパンクした場合はこの機械を使って開いた穴を塞ぐ事になる。

納車の時にディーラーの方が使用方法を教えてくれたが、いざパンクしたときに思い出せるか少々不安。
まぁ、難しいものでもなかったので、おそらく簡単に使えるんだろうけど、出来ればこれを使う場面に遭遇したくはない。

さらにこのパンク修理キットの場合、タイヤに釘が刺さった程度のパンクなら対応できるが、タイヤがバーストしてしまった場合は対処の仕様が無い。
まぁ、バーストする事なんてそうそう無いだろうが、要するに横の部分なんかが裂けてしまったらアウトなワケで、その時はロードサービスにお世話になるしかないな。

「スペアタイヤ無いんです。」
「トランクの中にありませんか?」
「ホントに無いんです・・・」

みたいな会話をする事になりそうだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1176

コメントする