22.02.07

プラモ Part.1

pla_engine01.jpg

つい無性に作りたくなってしまい、手を出してしまった。

何のことはない、単なるプラモデル。
クルマ好きとしてはやはり、多少の手間は掛かってもエンジンも付いたモデルを選びたいところ。

ちゃんとプラモを作るのは何年ぶりだかわからないが、別にプロのモデラーでもなんでもないし、空いた時間にチョコチョコ作業しながら、とりあえずエンジンとフレームは組み上がった。

pla_engine02.jpg pla_flame.jpg

塗装ぐらいはきっちり塗ってみるが、やっぱり普通に組んだだけなので、よく見るとバリなんかは結構残っている。
まぁ、そこまでこだわって作っているわけじゃないので、これぐらいは気にしない。

久しぶりに作っていて思ったのは、組むのはさほど難しくはないのだけど、塗装が大変。
プラスチックに色を塗るのって、こんなに難しかったかなと思ったぐらい。
当然エアブラシなんてあるハズもなく、筆でチマチマ塗っていくワケだが、どうもムラだらけだ。

足回りやエンジンルームなんかは細かい部分なので、多少の粗は誤魔化せるだろうが、大きい部品になってくると塗装に関してはちょっと心配かもしれない。

例えプラモデルといえども、モノを作るという作業というのはなかなか面白い。
最近はミニカーを買うときも、完成品ばかり(京商のフェラーリのシリーズは半完成品)だったが、たまには自分で作るモデルカーというのも良いもの。

後はエンジンにキャブレターが付き、排気関係の取り回しや内装、そしてボディを作っていく作業が待っている。

そして、肝心の車種だけれど、このエンジンとフレームの写真だけで何かわかる人、このブログを見てくれている方で車種が判った人がもし居たらコメントに答を書いてください。

ちなみに解答は、・・・いつになるかは未定だけど、もう少し出来上がった頃にこのブログで組立ての進行状況に合わせて公開予定。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1170

コメントする