09.04.07

万博の桜は今年も満開で

expo_2007_01.jpg

つい何日か前に桜も咲き始めたなと思ったら、もう既に満開を通り越して散り始めている。

関西にも桜の名所はいくつかあるが、ボクの住んでいる大阪北部で一番近く多くの桜が見れるのが、太陽の塔がそびえ立つ千里の万博公園。

この日曜日に天気も良く、桜も丁度見頃を迎えていそうだったので147を引っ張り出し万博公園に向ったのだが、前日が雨だった事もあってか、かなりの混雑っぷり。

expo_2007_02.jpg

万博公園は公園の周りに外周道路があり、周辺の道からまず外周道路に入って、その後いくつかある駐車場にクルマを止める事になるのだけど、まず外周道路へ入るのに渋滞。
当然、駐車場へ入るクルマも長蛇の列。

普段たまにここを走るけれど、万博の外周道路がこんなに混んでいるところを始めて見た。

なんとか公園の東側にある駐車場にクルマを止め、公園の中へというところだけど、もうすでに公園の外に所々咲いている桜の下で花見を始めている人もちらほら。
混んでいるので、もはや中に入るのも面倒になったのだろう。

そんな人達を横目に万博公園の入り口へと進むと、遠くに見えてくるのは太陽の塔。

万博公園は入場料が必要なので、券売機で入場券を買うが、ここも人で渋滞。
とりあえず、少しだけ空いてそうな日本庭園の方に向う。

日本庭園には桜はポツポツとしかなく、あまり花見向きではないけれど、所々にしだれ桜なんかもあって、また違った趣。

expo_2007_04.jpg

何度か万博公園へは来ているが、日本庭園の方に足を運んだのは考えてみると初めて。
太陽の塔がある辺りと比べて、空いているとは言っても、この日はやっぱり人が多かったので、今度は落ち着いている日に一度来てみようかと思う。
抹茶が飲めるところもあるらしいし、時間のある時に来ればのんびり出来そうだ。

この後、人でごった返す自然文化園の方に移動し、太陽の塔をチラッと拝む。
まぁ、どんな状況であれ、この塔を見るといつも何らかのエネルギーが貰えるような気がする。

expo_2007_03.jpg

桜はホントに満開で見頃でこの日が見頃だったのだろうけど、あまりにも人が多すぎて、その点ではちょっと訪れる日を間違えた。
長くいてものんびり出来なさそうだし、最後に桜の間から見える塔に名残を惜しみつつ、この日は早めに帰る事にする。
ここの満開の桜と太陽の塔の組み合わせは本当に好きなんだけど、やっぱり来るなら平日かな・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1127

コメントする