07.05.07

ピニンファリーナがデザインしたホテル

Keating_01.jpg

フェラーリを始めとした多くの名車のデザインを手がける、イタリアを代表するカロッツェリア、“ピニンファリーナ”がデザインを担当したホテルが3月にアメリカで開業したそうだ。

ホテルの名は“The Keating”、場所はアメリカのサンディエゴ。

完全に新しい建物というワケじゃなくて、19世紀末に建てられた4階建ての建物を自動車以外のデザインを担当するピニンファリーナの子会社“ピニンファリーナ・エクストラ”という会社が改装したもの。

写真を見た感じ、外観はちょっとクラシックで、内装は豪華な路線ではなくモダンでシンプルな方向みたい。
何にせよ、クルマ好きにとってはピニンファリーナによるデザインっていうだけで魅力的。

Keating_02.jpg

Webサイトを見てはみたけど、英語のためあまり良くわからず。
ざっと値段を調べてみると、今日泊まるとしたら1室1名で279ドルからと表示された。

アメリカ西海岸にあるという事で、泊まる事はまず無いと思うけれど、ヤクッツィ製ジェットバスやラヴァッツァ社製エスプレッソ・マシーンなどといった、ピニンファリーナによってデザインされたプロダクトも客室に取り入れられているらしい。

取り揃えられているワインは、当然というか、イタリアのものを中心に集められているそうだ。

やっぱりフェラーリ好き、イタリア車好きがアメリカ西海岸で宿を取る時はここという事になるんだろうか?
数々の名車を手掛けたピニンファリーナのデザインに囲まれて一晩過ごすというのも悪くない。
機会があれば泊まってみたいもんだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1105

コメントする