12.05.07

マッサが3戦連続のPP獲得!

f_massa_barcelona.jpg

バーレーンGP後、かなりのインターバルがあいたけれど、ヨーロッパに帰ってきたF1。
ヨーロッパラウンド最初のレースは、スペインGP。

今年は新たなシケインが設置され、レイアウトが少し変わったカタロニアサーキット。
ここでも速さを見せたのはやはりフェラーリとマクラーレン。
ここでも、前戦に続きF.マッサがポールポジションを獲得。

これで、マッサは3戦連続、フェラーリは開幕から4戦連続のポールポジション獲得となった。

2番手には0.03秒差でマクラーレンのF.アロンソが、3番手にはライコネンが続き、4番手にはL.ハミルトンと、完全に2強で上位グリッドを分け合ったカタチ。
地元グランプリとなるアロンソは惜しくもポールポジションを奪う事は出来なかった。

以下の順位は5番手BMWのクビサ。
トヨタのトゥルーリがかなり頑張って、今季予選最高の6位。
ハイドフェルド、コバライネン、クルサード、フィジケラと続く。

トゥルーリの6番手獲得と、若干復活の手応えの出てきたルノーの2台に注目といったところ。

やはり、フェラーリ対マクラーレンのマッチレースとなりそうな予感を感じさせてくれる予選結果だけど、明日の決勝はどうなるだろうか。
今までのパターンでいうと、トゥルーリ以下の予選順位となったドライバーはレース序盤前に出るのに苦労しそう。
その間にフェラーリとマクラーレンだけ逃げてしまうという事にならなければいいけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1101

コメントする