20.05.07

鳥のフン

torinofun.jpg

クルマに乗り込もうとした時に見つけて一番ヘコむ事の1つはこれじゃないだろうか?

“鳥のフン”

今日、久しぶりに147に乗って出掛けようかと思い駐車場に行くと、きちんとかけていたハズのボディカバーが完全にはだけている。
ここ最近風が強かったので、そのせいだろう。
雨が降った事もあり、クルマはドロドロなうえ、ボンネットに2カ所鳥の糞の攻撃を受けた跡がある。

「あ〜、カバーかけてた意味が無いなぁ〜」と一気にテンションが下がるが仕方ない。

とりあえず窓だけ拭いて乗り込んだら、かなりモチベーション下がりつつも目的地へ行って、その後は洗車。
さすがにこのまま放っとけない。
この間ワックスはかけたところだし、水洗いしつつ鳥のフンを落とすだけ。

bodycover.jpg

綺麗になったら今度は飛ばないように、しっかりカバーをかけておこう。
結構ボディにピッタリしたサイズのカバーなので、風で飛んだりはしにくいハズなんだけど、それ以上に今とめている駐車場の風は強いようだ。

しかし、鳥ってヤツはクルマのボディを狙ってフンを落としてないか?
カバーをかけずに置いておくと、かなり高確立でフンの餌食になる。
ワザとやられてるとしか思えない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1097

コメントする