09.06.07

カナダもマクラーレンが速い

mclaren_0609.jpg

北米に舞台を移してのF1、2連戦の最初はカナダGP。
ここでもやっぱりマクラーレンが速そう。

初日に行われたフリー走行1回目はモナコの流れそのままにマクラーレンのアロンソとハミルトンが1−2。
その後に行われたフリー走行2回目は、フェラーリのマッサが2番手タイムを出し、1−2は阻止されたものの、アロンソとハミルトンで1−3のタイム。

北米2連戦を得意としているフェラーリも、このままではマクラーレンにこのレースを持っていかれそうな勢い。

どちらにしても、上位4台は完全にマクラーレンとフェラーリが独占。
今シーズンはこの2チームが完全に他を引き離しているという構図に変わりはない。

フリー走行2回目ではその4台の後にBMWのハイドフェルド、ウィリアムズのニコ・ロズベルグが続いていて、この辺りも今シーズン好調な様子。

スーパーアグリの佐藤琢磨も10番手タイムをマークして、モナコで不発に終わった分ここでは頑張ってくれそうだ。

さて、この後は予選。
そして、明日は決勝レース。

マクラーレン、フェラーリの2台の間に割って入るようなドライバーはいるだろうか?
モナコとはまた違った性格のカナダグランプリでも、面白いレースが見たいものだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1085

コメントする