22.07.07

ハミルトン大クラッシュ

hamilton_crash.jpg

金曜日にフリー走行でトップタイムをマークしていた事をここでも書いてたマクラーレンのルイス・ハミルトン。
今までルーキーの割にあまりにも安定して速く、可愛げ無いなぁとさえ思っていたのだけど、ここヨーロッパGPの予選最終ピリオドにきての大クラッシュ。
メディカルセンターへそのまま搬送されてしまった。
当然、予選は赤旗中断。

まぁ、ハミルトンに大した怪我は無く、原因はホイールナットを締める工具のトラブルらしい。

決勝レースに出れるかどうかはFIAによるメディカルチェックの結果次第だそうだが、マクラーレンチームからは出走にGOサインが出ている。

もし、決勝レースに出る事が出来れば、予選タイムに基づき、10番手からのスタート。
ハミルトンにとっては自己ワーストのグリッドとなるだけに、ここからどう挽回していくのかが楽しみ。

ポール・ポジションはここまで2連勝できているフェラーリのキミ・ライコネンが獲得。
2番手にマクラーレンのフェルナンド・アロンソ、3番手にフェリペ・マッサでここもここまでの展開通り2強が占める。
その後BMWの2台が続き、6番手にレッドブルのマーク・ウェバー、7番手ルノーのコバライネン、トヨタの2台が8、9番手と後半戦で少しずつ調子を上げてきているよう。

10番手から追い上げるハミルトンにとってはグリッド上位にキッチリ速いクルマが並んでいるのが、まずは1つの難関。
少なくともオープニングラップで数台は抜いておかないと苦しい展開になりそう。

今回のヨーロッパGP、ハミルトンが出走さえできればかなり見所の多いレースとなるだけに、是非とも走ってくれる事を願いたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1068

コメントする