06.08.07

ハンガリーGP ハミルトンがポールから優勝

hungp_hamilton.jpg

F1ハンガリーGP、土曜日の予選の後も色々あって、結局アロンソとマクラーレンチームにはペナルティが課せられた。
その内容も、アロンソにはポールポジション剥奪の5グリッド降格、マクラーレンチームにはこのGPでのコンストラクターズポイントが加算されないという重いもの。
これで、2番手からスタートの予定だったハミルトンがポールポジション、BMWのハイドフェルドが2番手で最前列はいつもと少し違う雰囲気になった。
フェラーリのライコネンもこの裁定で3番手と、有利な奇数列からのスタート。

どうやらマクラーレンのゴタゴタの発端は、予選でハミルトンがチームからの指示に従わなかった事らしい。
まぁ、それに対してのアロンソの妨害行為も大人気ないとは思うけれど、結果チームとアロンソはペナルティ、ハミルトンは思わぬポールポジション獲得で、どうもしっくりこない感じ。

結局、ポールポジションからスタートしたハミルトンはピットインのタイミング以外は先頭を譲る事無く快勝。
スタート直後から2位に浮上していたライコネンに、途中追い上げられる場面もあったものの、ほぼ危なげない走りで今シーズン3勝目をマークし、さらにチャンピオンシップをリードした。

レース後のコメントで、ステアリングに問題を抱えていた事を明かしていたけれど、レース中微塵も感じさせなかったし、記者会見では「勝ち方は知っている」なんて可愛げの無いコメントまで。
どうもこのままいくとルーキーイヤーにチャンピオンなんて事がだいぶ現実的になってきた。

ペナルティをもらって6番手スタートから追い上げたアロンソは、最後ハイドフェルドに迫るも抜くまでにはいたらず4位でフィニッシュ。
アロンソの追撃を振り切ったハイドフェルドは3位で表彰台へ。
途中トヨタのラルフのペースに長い間付き合わされなければ、アロンソの3位もあったかもしれないけれど、やっぱりこのハンガロリンクというコースでのオーバーテイクはかなり難しいらしい。

フェラーリのマッサは前半ずっと佐藤琢磨を抜く事が出来ず、全く良いところを見せられないまま13位でレースを終える。
佐藤琢磨はその後順位を下げ、15位フィニッシュ。
久しぶりのF1復帰で注目されていた山本左近は5周目にクラッシュ、早々にリタイヤしている。

グランプリ開催前に心配された雨も落ちてくる事は無く、気温も30℃いかないぐらい。
ある意味、全く普通のコンディションで行われた今回のグランプリはほぼハミルトンとライコネンのマッチレース。
大きな動きこそ無かったものの、ずっと接近戦を続け、地味ながら目のはなせないレースだった。

どうも低速、ハイダウンフォースのサーキットにおいてはマクラーレンに分があるらしい。
次のトルコGPではフェラーリにもう一度巻き返してもらい、まだまだチャンピオンシップをもつれさせて欲しいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1057

コメントする