25.08.07

トルコGP 予選 マッサPP獲得!

massa_tgp.jpg

2007年のF1第12戦トルコGPの予選はフェラーリのフェリペ・マッサが獲得。
最近ちょっと元気が無いかなと思っていたけれど、久しぶりに存在感を示した感じ。
マッサは初優勝がこのトルコGPということもあり、結構相性いいのかも。

2番手は最後のフリー走行でトップタイムをマークしていた、マクラーレンのハミルトン。
3番手にライコネン、4番手にアロンソで、フェラーリとマクラーレンが上位4グリッドを奇数列・偶数列で分け合ったカタチ。
やっぱりここでも優勝争いはこの4人になりそう。

5・6番手はBMWザウバーの2人、クビサとハイドフェルドが続いて、ここも順当なグリッド。
以下ルノーのコバライネン、ウィリアムズのロズベルグというような予選結果。

相変わらず、ハミルトンはキッチリ速い。
スタート後にライコネンがハミルトンの前に出て、マッサーライコネンの1−2体勢を築く事が出来ればフェラーリに多少有利になるんだろうけど、簡単にはいきそうにない。
燃料搭載料もさほど変わらなさそうだし、決勝も接戦になりそう。

気になるところでは、フリー走行で調子が良かったラルフがQ1で脱落、18番手スタート。
佐藤琢磨もQ2進出もかなわず19番手で終わる。
前レースからF1復帰の山本左近は、チームメイトのスーティルに1秒以上遅れる22番手タイム。
まだ経験が浅く仕方ない部分もあるけれど、もう少しチームメイトのタイムに迫って欲しいところなんだけど。

とりあえず、イスタンブールのサーキットは最近出来たサーキットでもあり、オーバーテイクも可能なコース。
ハンガリーはちょっと地味なレースだったので、ここトルコGPでは色々動きのあるレースが見たいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1042

コメントする