04.09.07

中嶋Jr.

nakajimakazuki.jpg

週末にはイタリアGPが控えている今週、日本のF1ファンには嬉しいニュース。
まぁ、ドイツのスポーツ誌が報じただけで、まだ全然確定情報じゃないのだけど、今シーズンF1でウィリアムズのテストドライバーを勤め、GP2でも活躍中の中嶋一貴が来期トヨタからF1デビューするという話。

まぁ、話の内容的には、今季限りでラルフ・シューマッハの契約が切れるトヨタが、後任の候補として中嶋一貴の起用を考えているっていうぐらいなんだけど。

でも、中嶋一貴といえば、日本人初のフルタイムF1ドライバーである、あの中嶋悟のご長男。
是非ともF1で走って欲しい。

ボクがF1を観始めたのが、中嶋悟がそのF1キャリア終えようとしている頃。
TVで鈴鹿の日本GPを観ていたんだけど、観客席のあちこちに「夢をありがとう」という横断幕が揺れる中、S字コーナーでタイヤバリアに刺さって最後の母国グランプリを終えた中嶋悟の姿が今も目に浮かぶ。

これで、息子の一貴がデビューして、来年も佐藤琢磨と山本左近の両方が走るとなったら日本人ドライバーは3人。
そうなってくると日本でのF1はもっと盛り上がりそうなんだけどなぁ。

ただ、今の状況を考えるとトヨタでF1デビューをするよりは、同じエンジンを積むウィリアムズでそのままレギュラードライバーに昇格した方が好成績を残せそうな予感もちょっとある。
今年の成績だと、明らかにトヨタよりウィリアムズの方が速そうだし。

でも、スポンサーの事とか考えるとやっぱりトヨタで走る方が都合はいいのかな?

なんにしろ、このニュースが早いうちに現実となってくれるのが楽しみ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1033

コメントする