10.09.07

F2007のホイールが気になる

f2007_wheel.jpg

今シーズンのF1を戦うフェラーリのマシン、F2007。
そのF2007のホイールが最近ちょっと気になる。

気になるのは“ホイールフェアリング”と言われる、ホイールのカバー。

特にフロントなんだけど、気になるのはこれが使われだした頃から言われている、レギュレーションに抵触するとか云々じゃなくて、最近の見た目の変化。

多分、トルコGPからだと思うんだけど、ホイールカバーの表面にホイールのスポークが描かれるようになってる気が・・・。

最初にTVの画面で見た時は、フロントのホイールカバーはやめたのかなと思ったけれど、よくよく見てみると違和感がある。
そこからずっと気になってて、TVで見る時もフェラーリのフロントタイヤ周辺が映る時はかなり意識して見ているんだけど、なかなかハッキリとは見えない。
写真なんかを探してみても、そこだけキッチリ写ってるのもなかなか無いし。

でも、どう見てもホイール表面にスポークがペイントされてる。
本来のスポークはもっと奥にあるハズだし。

前は黒一色で、BBSのロゴが入っている程度だったと思うんだけど、最近になってなんでスポークを描くようになったんだろう?
機能的にはまったく意味がないだろうし、ホイールを供給しているBBSとの契約の問題かな?
ホイールのデザインが見えないと、広告効果が得られない・・・、とか。

あんまりこんなところに注目しているしている人も居ないみたいで、情報もないし。
謎だ。

それと、このホイールカバー、ホイールが回転してもカバーは回転しないみたい。
タクシーなんかで、回転しないホイールカバーに広告を載せているのを見た事があるけれど、あれと同じような感じ。
F1の方は空力的な理由でそうしてるのかな。
回らない方が気流に対して影響が少ないとか。

使った写真はちょっと不本意な場面のだけど、これを見てもタイヤのサイドウォールは回転ぶれでロゴが見えないのに、カバーの方は止まっているように見える。

カバーに描かれたスポーク、単に見た目を気にして描いてるだけって事はないと思うんだけど、多分。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1027

コメントする