13.09.07

Circuit de Spa-Francorchamps

eau_rouge.jpg

去年はカレンダーから落ちていたベルギーGP。
でも、今年はちゃんとスパ・フランコルシャンでのベルギーGPが帰ってくる。

イモラでのサンマリノGPが無くなり、鈴鹿も日本GPを富士に譲り(鈴鹿は2009年には復活するらしいけれど)、ニュルブルクリンクも新しいコースになっているような昨今、クラシックサーキットと呼べるような伝統あるサーキットが減ってきているのも、設備の問題なんかを考えると仕方ないかもしれない。

でも、そんな中でスパ・フランコルシャンでのベルギーGPが復活というのは嬉しい限り。
いくつもの名勝負を演出してきた歴史あるサーキットだし、今年も面白いレースを期待したいところ。

で、やっぱりスパと言えば“オー・ルージュ”。
300km/h近いスピードで左、右、左と曲がりながら急勾配の上り坂を駆け上がっていくこの区間は、世界中のサーキットの中でも屈指の難所。
走ったドライバーからは、壁に向って突っ込んでいく感じとも表現される。

とにかく、山間部にあるサーキットだけに高低差も凄いし、平均速度も高い。

で、山間部にあるこのサーキットならではと言えるのがスパ・ウェザーと呼ばれる、その変わりやすい天候。
雨が降りやすいし、降ったら降ったでコース距離が長いから、サーキットの場所によって雨の具合が全然違ったり。
でも、その天候の変わりやすさこそがベルギーGPの見所。

天候次第で下位チームでも勝つチャンスがあるのがスパ・フランコルシャンというコースの面白さ。

2年ぶりのベルギーGPは明日金曜日のフリー走行から始まるけれど、今年は雨が降ったりするんだろうか?
雨の中、意外なドライバーの初優勝なんかも期待したいところだけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1024

コメントする