14.09.07

ベルギーGPとF1スパイ疑惑

ferrari_mclaren.jpg

昨日のブログでは久しぶりのベルギーGPを楽しみにしているって書いたところなのに、今日はそんな楽しみどころじゃない、F1ファンにとってかなり残念なニュース。

ここ最近ずっと話題にはなっていた、マクラーレンのフェラーリに対するスパイ疑惑。
事前のニュースで、そろそろ世界モータースポーツ評議会での判決が出るっていうこともわかってはいたけれど、それでもこういう結果を聞かされたくはなかった。

スパイ行為が認定され、マクラーレンに対する2007年シーズン全コンストラクターズポイント剥奪、罰金1億ドルという処分。

今のところチームに対するペナルティのみで、ドライバーズチャンピオンシップには影響が無いワケだけど、こういうのってどうもすっきりしない。

これで、マクラーレンのコンストラクターズポイントが無くなってしまえば、フェラーリはコンストラクターズチャンピオンシップで自動的に1位に、2位に繰り上がるBMWザウバーに対してもポイント差で開きがあるので、タイトル獲得は確定的。

ボクはフェラーリのファンではあるけれど、こんなカタチでのタイトル獲得なんて別に嬉しくも何ともない。
フェラーリは応援しているけれど、それ以前にF1というスポーツが好きでずっと見ているワケで、見たいのは後半戦までもつれる熾烈なタイトル争い。

なんか、結局何があったのかもまだ不透明なままだし、こういう事で今年のチャンピオンシップに水を差して欲しくはなかったな。

マクラーレンも控訴するとは言われているけれど、簡単にこういう裁定が覆るとも思えない。
残り4戦のモチベーションは失わないでもらいたいところだけど。

とりあえず、ベルギーGP最初のフリー走行はフェラーリのライコネンがトップタイム。
それにハミルトンとアロンソのマクラーレン2台が続くというような、今シーズンお馴染みの展開。
マッサの方はコースアウトにより有効タイムを記録出来ず。

ライコネンの方は調子が良さそうだけど、最近はフリー走行1回目だけフェラーリが速くて、その後マクラーレンにずっと負けっ放しっていう事が多いし、まだなんとも言えない感じ。

予選も決勝も、イヤなスパイ疑惑なんて吹き飛ばすような、ベルギーGPらしい面白い週末にしてもらいたいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1023

コメントする