24.09.07

QステアにAlfa147のボディを載せてみる

q_steer_alfa147a.jpg

2日程前に買った、スカイラインGT-RのQステアに、普通のチョロQのアルファ147GTAのボディを改造して載せてみた。

QステアにチョロQのボディがちょっとの改造で載る事と、Alfa147TIではなくGTAだけど・・・)のチョロQが以前発売されていた事を知っていたので、Qステアを買う時点でボディ載せ換えをある程度考えていた。

ただ、Alfa147GTAのチョロQが限定商品っぽい扱いの商品で、お店で見る限りでは見つけられず、インターネットで探して注文。
1台で良かったのだけど、何故か赤と黒の2台セットの方が安かった。

そしてそのチョロQ2台が自宅に届いたので、早速作業開始。

q_steer_alfa147b.jpg

Qステアのボディ載せ換えなんかを書いているWebサイトをいくつか参考にしながら作業をしたのだけど、アルファ147はずんぐりしたボディだから簡単に載るだろうと思っていた。
けれど、実際には所々で細かい作業を要求される事に。

まず、チョロQのボディって意外と外れにくい。
マイナスドライバーを駆使して、チョロQ、Qステア双方のボディを外す。

外したところが写真の状態。
やっぱり中身は結構違う。

加工したのはまず、チョロQはボディがネジ止めになっているので、ボディ側のネジ穴の出っ張っている部分を切断。
ボディをシャシーに載せながら、微調整。

そして、ボディが問題無く載せられるようになったところで、ちょっとした問題が発生。
チョロQは真っ直ぐにしか走らないためか、フロントののホイールハウスの大きさがタイヤが入るギリギリ。
そのままQステア載せ換えたら、ハンドルを切った時にタイヤとフェンダーが干渉。
ステアリングを切っても曲がらない状態に。

アルファ147って意外とステアリング切れないし、まぁいいかとも思ったけれど、遊ぶ時に曲がらないのも困るので、ここはホイールハウス内側を削って広げる。
カッターナイフや紙ヤスリで削ってなんとかうまく曲がれる状態になった。

まぁ、細かい作業といってもコレぐらいなんで、面倒ではあったけれど、そこまで難しくもなくアルファ147のQステアが完成。
ホイールが移植出来ないのがちょっと残念だけど、見た目は十分147なんで満足度も十分。

後で走らせてみると、バックする時にだけフロントタイヤが干渉する事が判明したけれど、疲れたので、そこはもう放っておく事にする。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1014

コメントする