25.09.07

駆け抜ける歓び BMW 1シリーズ【3日間限定】

bmw120i_front.jpg

BMWがやっている“BMW 3DAYs モニターキャンペーン”に応募したら当選してしまった。
『最大3日間、駆けぬける歓びを、あなたへ』ってヤツ。

という事で今日から3日間、アルファ147TIBMWディーラーに預け、今年5月に新しくなったばかりの1シリーズをお借りする事に。

コレ、車種は応募の時にどのシリーズにするのか選べるのだけど、やっぱりアルファ147との比較って考えると1シリーズでしょう。
同じ5ドアハッチだし、大きさも似たような感じ。

1シリーズのどれになるかは行ってみないとわからないけれど、まぁ130iのMスポーツはないだろう。

近所にあるBMWディーラーへ行くと、早速担当者がお出迎え。
ちょっとした会話や、書類上の手続き、カタログなんかを貰った後、担当者がモニターするクルマを用意してくれる。
ちらっと1シリーズ・クーペについても聞いてみたけれど、どうやら今は日本導入予定は無いらしい。

そして向った駐車場に用意されたのは、黒いボディカラーの“120i”。

2リッターの排気量で、6速ATのモデル。
ウチの147TIも2リッターって事で、完全に同クラスのクルマに乗れる事になった。

ここで運転席に乗り込み、実際乗るクルマについてちょっとした説明を受けるんだけど、やっぱりなんだかんだ言ってドイツ車って至れり尽くせりだ。

まずエンジンスタートは最近増えてきたプッシュボタン式。
シートの調整とドアミラーの格納は電動。
ちなみに、キーに付いてるロックのボタンを長押しするとドアロックと同時にミラーも格納してくれるらしい。

ワイパーは雨滴感知式だし、ヘッドライトも自動に出来る。
なんだか、アルファ147に付いてない快適装備が色々と。

「そんなのまであるのかよ!?」とちょっと驚いたのは、エアコンをいきなりMAXにするボタンなんてのまである事。
ディーラーの人曰く、「ボディも黒いので、乗り込んだときに暑かったら使って下さい」らしい。

bmw120i_pedal.jpg

BMWらしいなと思うのは、ペダルがちゃんと床からはえている“オルガン式”のアクセルペダル。
小さな車でもきちんとこだわっている。

一通り説明を受けた後、シートやステアリング、ミラーを調整して早速走り出す。

イメージ通りというか、動かしてみた感じはアルファ147よりも落ち着いた感じ。
ステアリングの手応えも、147に比べてちょっと重め。
足回りも147TIの固い足と比べれば、かなりしっとりした感じがする。

軽快で、どんどん走りたがる感じのアルファに対して、BMWはもうちょっと大人な雰囲気。

結局、今日はあまり時間も無く、家まで乗って帰る時にちょっと遠回りしたぐらいの距離しか走ってないので、印象はこれぐらい。
明日はもうちょっと走る時間を作って、色々147TIとの違いを比べてみないと。

とりあえず2日目に続くという事で。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1013

コメントする