26.09.07

【3日間限定】BMW 1シリーズ 2日目

bmw120i_side.jpg

運良く“BMW 3DAYs モニターキャンペーン”に当選し、3日間BMW 1シリーズを試乗出来る事になって2日目。
昨日は夕方から借りてきたBMW 120i、やっぱり乗る時間はあまり無かったのだけど、今日もちゃんと乗れたのは日が落ちてから。

でも、折角なんで元気良く走らせて、CMキャッチコピー通りの「駆け抜ける歓び」ってヤツを味わわせてもらいたい。

という事で、まだ深夜ってワケじゃないし、ちょっとばかり近所のワインディングロードに持ち込んで、グリグリ走らせてみる事にする。

カタログにだって「性能の進化を知りたいのなら、連続するコーナーを走ってみてください。」なんて書いてあるぐらいだし、やっぱり街中をただゆっくり走ってても、このBMW120iのホントの実力なんてわからないだろう。

bmw120i_shift.jpg

まずこの120iアルファ147のセレスピードとは違って、6速ではあるものの、基本的に普通のトルコン式のAT。
“ステップトロニック”という名のマニュアルモードは付いているけれど、ATベースで変速もシフトレバーでするタイプ(130i Mスポーツにはパドルシフトも有り)。

まずはATのセレクタをDレンジへ入れて走り出す。

スムーズな変速を見せてくれるものの、なんか言葉は悪いけれど、もっさりした感じ。
BMWってもっとスポーティだと思ってたけれど、こんなもんか・・・なんて思いつつ、シフトレバーをDレンジから左へ倒し“DS”モードという、いわゆるスポーツモードに切り替えると明らかに印象が激変。

やっぱり速いわ、BMW

147TIと比べると重い感じではあるけれど、トルクのあるエンジンでグイグイ加速していく。
DSレンジに入れると、明らかにエンジンの回転を引っ張るようになるんだけど、それ以上にアクセルペダルに対する反応が良くなる感じ。

で、さらにそのシフトレバーを前後に動かすとマニュアルモードに入る。
あくまでトルコンATなんだけど、結構ダイレクトだし、シフトダウン時のブリッピングもあり。

DSレンジでもスポーティだけど、ワインディングなんかを走るんだったらギアチェンジをクルマに任せてしまうより、確実にこのモードがいい。
レスポンスのいいエンジンの良さもきっちり味わえる。

そして、147TIに比べてしっとりした印象の足回りも、連続したコーナーを走らせてみると、思ったよりロールが少ない。
軽快さより、しっかりした安定感を狙っている感じ。
イメージ通りではあるけれど、147の場合クイックなステアリングギア比という事もあって、クイックイッと曲がっていく感じなのに対して、120iは切ったら切った分だけスムーズに正確にトレースしていく感じ。

中速コーナーで、脱出時に早めにアクセル開けながら抜けていくのは、FRならではって感じがして気持ちいい。

bmw120i_front01.jpg

まぁ、ハッキリ言ってBMW120iの実力を引き出せたって言う程のペースじゃ走っていないし、そんな腕も無いけれど、なんとなくBMWの言う「駆け抜ける歓び」ってヤツは感じ取れたような気がする。
座った途端にその気にさせてくれるようなアルファロメオと、ペースを上げた分だけ応えてくれるBMWってところ。

120iでスポーティな走りをするのに、ちょっと不満があるとしたらシートのサポートがちょっと足りない事。
147TIの場合スポーツシートが標準なので、それに比べると明らかに物足りない。
Mスポーツのスポーツシートであればまた印象が違うのかもしれないけれど。

後は、これでマニュアルだったらなぁ、って言うのも少し。

とりあえず、明日は今日より時間があるし、明るいうちから乗れそう。
モニター出来る最後の日だし、出来るだけ走り倒したいところ。

という事で、明日に続きます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1012

コメントする