03.11.07

アロンソはやっぱりマクラーレンを去るらしい

itgp_2007_fin.jpg

2日金曜日に、フェルナンド・アロンソとの契約を解除した事をマクラーレンが発表した。

本来であれば3年契約の今年が1年目。
マクラーレンで走る契約を後2年残して、アロンソはマクラーレンを去る事に。

ただ、こういった契約の話では珍しく、今回の契約解除に際して違約金は発生しないらしい。

今までアロンソをマクラーレンから引き抜くには、高額になるであろう違約金が問題になると言われていただけに、これで今シーズンのドライバー移籍市場が動き出すのは間違い無さそう。

現在のところ、アロンソの移籍先として有力視されているのは、去年まで在籍していた古巣ルノー。
それに、プライベートチームながら資金力もあり、成長著しいレッドブル。

一応、この2チームが有力とされているけれど、アロンソはどのチームに行くのやら。

2年連続のワールドチャンピオンであり、今年も最後まで争った事からもその実力は折り紙付き。
ちゃんと競争力のあるチームに移籍して、来年もチャンピオンシップを賑わわせてほしいもんだ。

さらにアロンソが去ったマクラーレンのシートに誰が収まるのかも気になるところ。

ヘイキ・コバライネンや、ニコ・ロズベルグあたりの名前が挙がっているが、こちらもまだまだどうなるかわからなさそう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1379

コメントする