05.11.07

エンジンの音が変わった?

alfa_147_ti_071105.jpg

今日久しぶりにAlfa 147 TIに乗る。
ちゃんと乗るのはオイルを交換した日以来だけど、生憎の雨。

でも、なんかオイル交換した後ってやっぱりクルマの調子が良い。

オイル交換する直前は、アクセル半開きぐらいで3000回転から5000回転あたりが微妙にざらついた感じの音。
で、オイル交換直後は感じなかったんだけど、今日乗ってみるとそのあたりの音の雑味が減ったような感じ。

こういう事があると、アルファ147ってなんかわかりやすいクルマだと思う。

もともとアルファのツインスパークってエンジンは澄んだ音色って感じじゃなく、ちょっと荒々しい音が魅力というけれど、ここでいう音の雑味はそれとはまた違う種類の音。
オイルを換えるまでは微妙に違和感を感じてたんだけど、やっぱり徐々にエンジンオイルもくたびれてきてたんだろうな。

別にオイルの銘柄を変えたワケでもなく、粘度も変わってないハズなので、単純に古いか新しいかだけで結構変わるもんだ。

でも、こうやってエンジンの調子のいい音を聞いちゃうと、マフラーとか変えたくなってくるなぁ。

最近は結構手頃な値段のマフラーもあるし、ちょっと考えてみようかな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1378

コメントする