06.01.08

革シートの手入れ

seat_cleaner.jpg

最近アルファ147TIのリアシートが汚れていたので、今日乗った後に少し掃除してみた。

アルファ147TIは標準でスポーツシートが載っかってるので、シートは本革。

本革シートって、きちんと手入れしなきゃいけないと聞くけれど、革のシートのクルマに乗るのは今の147TIが初めて。

汚れもちょっと酷かったので、どうしたもんかなと思ったけれど、とりあえず適当なシートクリーナーを選んで拭くことにする。
高いクリーナーやら、ミンクオイルやら色々あるけれど、まぁそこまで必要無いと思うし、ちょうど正月に実家に帰った時に家に置いてあったし。

で、ソフト99というメーカーの本革クリーナー、ムースタイプのクリーナーで、柔らかい布に吹き付けてシートを拭いていく。

汚れが酷かったのはリアシートだったけど、せっかく拭くんだったらって事で、運転席も助手席も。

泡が残ったりしないよう一通り拭き上げて、後はゆっくり乾燥させるだけ。

拭き終わった後はそのまま放ったらかしてみたけれど、とりあえず大体の汚れは落ちてくれた。
ちょっと染み付いていたような汚れはさすがに落ちなかったけれど、まぁこんなもんだろう。

「ビタミンE配合で皮革の老化を防ぎます」なんてクリーナーの説明には書いてあったけれど、そっちの方の効果も期待したいところ。
それに関してはすぐに確認しようがないけれど。

次に乗った時に染みとかが出来てなければこれで問題無さそう。
こんな感じでいいのかな、革シートの手入れって。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1326

コメントする