26.01.08

Ferrari Formula Car Model Collection 2

ferrari_f1_2.jpg

サークルKサンクス限定、京商のミニカーコレクション第25弾。
今度はまたフェラーリ。

ただ、フェラーリといっても、今回は市販車じゃなくF1。
以前にもあったシリーズの2回目で、“フェラーリフォーミュラカーシリーズ 2”。

サイズなんかは今までと同じ1/64スケールだけど、何故かいつもより高い650円。
今盛んに言われている原油高やなんかの影響か?

でも、用意された1977年から2006年までのフェラーリF1、10車種・20台のマシンは魅力的なラインナップ。

1977年の312 T2、1978年の312 T3、1987年のF1-87、1989年のF1-89、1991年のF1-91は前期型と後期型の2車種。
それに、1993年のF93 A、1994年の412 T1、2005年のF2005、2006年の248 F1というのが、その10車種。

各車はそれぞれドライバー違いで2種類ずつといった感じ。

個人的に気になるのはやっぱりミハエル・シューマッハ最後の搭乗マシン“248 F1”。

あと、やっぱりF1を見始めた頃のフェラーリ。
個人的には、ここ最近で一番フェラーリらしいドライバーだと思ってるJ.アレジ、それにこの組み合わせこそ最高だと思うのがそのアレジとG.ベルガーの2人。

そんな2人が乗っていた頃の'93年、'94年あたりも気になる。

まぁ、フェラーリとしてはかなりボロボロの時期だけど。

とりあえず、発売は2月末。

今回はちょっと値上がりしてるだけに、売り切れるのはちょっと遅いかもしれないけれど、2月末にはサークルKサンクスをしっかりチェックしないといけなさそうだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1307

コメントする