28.01.08

寒いとこんな感じ

alfa147ti_28_jan.jpg

ここ最近、暗くなってから147TIに乗り込んでエンジンをかけると、大抵“ピーッ”という音とともにこの画面が表示される。

5度以下ぐらいになると表示されるのかな?

寒くなってるし、路面凍ってるかもしれないから気をつけろよってクルマが教えてくれてるような感じ。

と言っても、まだ凍ったところに遭遇した事なんて全然無いんだけど。

あと、これはあまり詳しく無いんだけど、クルマの外気温を測ってるセンサーって、やっぱりエンジンルーム周辺にあるんだろうなぁ。

走ってると、徐々にこの外気温が高くなってくる。

そうなってくると、正確性の面で微妙に信頼出来なくなるんだけど、こんなモノなのかな?
まぁ、元々外気温自体普段は全然気にしてないし、いいんだけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1305

コメントする