05.02.08

Audi Miniature Model Limited Collection

audi_collection.jpg

去年、サークルKサンクス限定で発売された京商のAUDIミニカーコレクションはいつの間にか買い忘れてしまっていたけれど、今度はアウディ・ジャパンからミニカーコレクションの登場。

2月1日から毎月1台ずつホームページ上で販売され、12月までに11車種(しかも各20台限定)が発売されるらしい。

アウディ曰く、「本国ドイツでもなかなか入手がむづかしいたいへん希少価値が高いミニチュアカー達」との事。

そして、ホームページを覗いてみると、その第1弾のモデル“Audi 100 C3”が登場していた。

Audi 100 C3については、アウディ・ジャパンのページの解説をそのまま。

アウディのアッパーミドルセダン100シリーズの3代目として1982年に発表されたこのモデルはフラットサーフェス処理などにより当時のセダン車での世界新記録である、驚異的なCd値0.30をマークしました。
このクルマからエアロダイナミクスへのこだわりが全世界のメーカーに波及したといえます。
空力特性のみではなく、すべての面において先進技術が搭載され、今までにないデザイン、構造、生産技術が採用されていました。

確かに、当時のセダンでCd値0.30は凄い。

スケール1/43のこのミニカー、価格が10,500円って結構高いなと思ったけれど、写真を見る限りではかなり細かいところまで作り込んであって、結構出来は良さそう。

さすがはAudiの輸入販売元が取り扱うミニカーだけはある。

ただ、数量限定とはいえ10,500円はちょっと高いなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1298

コメントする