25.02.08

FIAT 500 が3月15日から販売開始

fiat_500c.jpg

どうやら、日本でも正式に500の販売開始日が決定したらしい。
その販売開始日は来月15日。

という事は、ディーラーから来てたメールの3月中旬販売開始っていう連絡はかなり正確だったって事か。

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンのリリースをそのまんま引用させていただくと

今回販売が開始されるのは、総排気量1,240cc、直列4気筒SOHC8バルブエンジンを搭載した、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション『デュアロジック』、3ドア、右ハンドル仕様としたフィアット500 1.2 8V ラウンジ (Fiat 500 1.2 8V Lounge) で、全国メーカー希望小売価格は2,250,000円 (消費税込) としています。

またあわせて、今回の新型フィアット500日本導入を記念して、特別限定ローンチモデルのフィアット500 1.2 8V ラウンジSS (スペシャルシリーズ) (Fiat 500 1.2 8V Lounge SS) の販売も開始致します。

とのこと。

最初はデュアロジック1グレードのみの販売になるワケか。

フィアットによれば、このデュアロジックは日本市場に合わせて用意されたって事で、やっぱり日本市場ってのはATじゃなきゃ売れない市場なのね、わかってはいるけれど・・・。

まぁ、セレスピードの147に乗ってるボクが言っても全く説得力がないけれど、こういう小排気量のコンパクトカーは是非MTで乗りたいところだし、始めから用意していて欲しかったなぁ。

でも、言ってるうちにラインナップも増えていくんだろう。

期待したいのはグランデプントにも用意されたアバルト仕様の導入。

たぶん標準モデルは動力性能考えると、ちょっと物足りなさそうだし、アバルト仕様が用意されたら絶対格好良いハズ。

とにかく落ち着いて試乗とか出来る頃になった一度ディーラーで乗せてもらいたいところだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1278

コメントする