29.02.08

東京マルイ RC CLUB

rc_club_01.jpg

古くて良い雰囲気のクルマが沢山出てくる漫画、最近また“GT Roman STRADARE”なんていう新しいシリーズが刊行されているけれど、その作者“西風”がパッケージイラストを手掛けているラジコンのシリーズ、東京マルイの“RC CLUB”。

その西風の漫画に出てくるような、旧車が中心のラインナップで、旧車ばかりっていうのがラジコンじゃあ珍しいかも。

ちょうどGT Roman ストラダーレを読んだ時に、その中の広告で存在を知ったのだけど、ラインナップされているクルマからして微妙に気になるシリーズ。

サイズも1/24という手頃なサイズで、価格もプロポ込みで9800円。
まぁ、京商のミニッツレーサーほど本気でもなく、その分手頃な値段。

そのラインナップは、“モーリス・ミニ・クーパー 1300S”、“ホンダ S800 ハードトップ・タイプ”、“フィアット アバルト 695SS”、“トヨタ スポーツ 800”、“アルピーヌA110 1600S”という5車種。

折角、パッケージイラストが西風なんだから、アルファのジュリアやMG-B、ロータス・コーティナとかがラインナップにあると、より雰囲気が出るような気がするんだけど。

ただ、スペックを見てみると、車種毎にすべてホイールベースやトレッドの数値が違うみたい。
という事は、メカニズムは共通でも、シャシーは各車それぞれ作り分けてるのか?

ちゃんとスケールダウンするにあたって、実車の比率を崩さないようにしているのかも。
意外とこだわってる。

ちょっと残念なのが、このシリーズ、未だに近くで売ってるところを見かけた事が無い。
まぁ、ちゃんとした模型屋さんとかに行けば、置いてあるかもしれないし、ボクが真剣に探してないって事もあるけれど、ちょっとマイナーなのかもしれないなぁ。

東京マルイといえば、ラジコンよりもエアガンのメーカーってイメージだし。

でも、アルピーヌA110 1600Sも気になるし、今後ラインナップが増えてくると面白いシリーズになりそうな予感。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1274

コメントする