14.03.08

2008年F1開幕! オーストラリアGP初日

augp08free.jpg

ようやく今年もF1が開幕。
開幕戦は例年通り、南半球オーストラリアGP。

今日はまず2回のフリー走行が行われたワケだけど、最初のセッションでトップタイムをマークしたのはフェラーリのキミ・ライコネン。
それにマクラーレンのルイス・ハミルトンが2番手タイムで続き、以下フェラーリのフェリペ・マッサ、マクラーレンに移籍したばかりのヘイキ・コバライネンが続くという、まさしくフェラーリ対マクラーレンという構図を絵に描いたようなスタート。

そして2回目のセッションではルイス・ハミルトンがトップタイム。
3番手マッサ、4番手コバライネンという順位は同じながら、ライコネンは6番手タイムで、ハミルトンの約1秒落ちで2番手に食い込んだのがレッドブルのマーク・ウェバー。

ウェバーは最初のセッションでも5番手につけていたし、地元オーストラリアという事もあってか、かなり調子が良いらしい。

それに、2回目のセッションではウェバーのチームメイト、クルサードまでも5番手タイムをマークしていて、今年のレッドブルは結構速いのかもしれない。

BMWやルノーなんかを差し置いて、今年のレッドブルの実力はかなり高そうだ。

心配されたスーパーアグリもちゃんと走ってはいるし、毎年ながら開幕戦って新鮮な気分。

まだ初日とあって、どのチームがホントに速いのかはまだまだわからないけれど、明日の決勝になれば実力もだいぶ見えてくるんじゃないかな。

今のところの予想としては、やっぱりトップ争いを演じるのはフェラーリとマクラーレンで堅そう。
その後のグループとして、レッドブル、BMWザウバー、ルノー、ウィリアムズあたりが中段争いというような感じかな。

明日以降の予選・決勝もしっかり見守りたいところ。
オーストラリアGPの場合、日本との時差が少ないのもありがたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1260

コメントする