16.03.08

オーストラリアGP 決勝

augp08_hamilton_q.jpg

2008年開幕戦オーストラリアGP。
ある意味開幕戦らしい、非常に荒れたレースを制したのはマクラーレンのルイス・ハミルトン。

もうこのレース、ハミルトンに関しては完勝。
ポールポジションからスタートして、ほぼ危なげなく優勝してしまった。

レース中のファステストラップはチームメイトのヘイキ・コバライネンがマーク。
順位は5番手に終わったものの、移籍したてのチームで速さをアピールしたカタチ。

それに対してフェラーリは散々。
マッサはレース中盤にリタイヤ。
ライコネンの方は、終盤トラブルでチェッカーは受けられなかったものの、規定の周回数クリアで、なんとか完走扱い。
完走台数が少なかった事、バリチェロの失格なんかで、ギリギリでポイントは獲得したものの、マクラーレンとは完全に明暗が分かれた。

今年はレギュレーションでトラクションコントロールが禁止されたからか、それとも開幕戦でマシンの信頼性に問題を抱えているチームが多かったのか、アクシデントやトラブル多発。

マシンがドライバーのミスをカバーしてくれる部分が減ったので、去年までよりドライバーの走り方の違いがわかりやすくなったかもしれない。

レース後半でのアロンソの走りはホントに見応えがあったし、コバライネンとのバトルもかなり楽しめた。

「お、攻めてるな!」っていうのが、TVで見ていても良くわかる。

それに引き換え、ライコネンは完全にリズムを崩していたかのような走り。
ミスからのスピンで順位を落とし、結局最後はトラブル。
何となく、速いけれど脆いという、ライコネン、それに昔のフェラーリのイメージが重なって見えてしまった。
次戦以降は何とか本来の速さを取り戻して欲しいものだけど。

日本期待の中嶋一貴は、あまり良いところは無かったけれど、初のレギュラーシーズン開幕から上々のポイント獲得。
次戦10グリッド降格のペナルティは受けてしまったけれど、これから先チームメイトのロズベルグ(かなり手強いけれど・・・)に負けないようにすれば、好成績が期待出来そう。

意外とホンダ、トヨタもそこそこ速いし、今年は中段グループの争いがかなり楽しめそう。

個人的に今回楽しませてくれたのは、出戻りルノーのアロンソと、トロロッソのS.ボーデ。
トロロッソが思いのほか速いのはちょっとした収穫。
終盤のあの走りはミナルディ時代では考えられない。
ボーデも新人ながら経験豊富だし、これまでのキャリアからから考えても、ルーキーとして今シーズンを沸かせてくれそうだ。

次戦は早速来週、マレーシアGP。
次はフェラーリの逆襲に期待したいところ。

1. L.ハミルトン

2. N.ハイドフェルド

3. N.ロズベルグ

4. Fアロンソ

5. H.コバライネン

6. 中嶋一貴

7. S.ボーデ

8. K.ライコネン

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1258

コメントする