23.03.08

マレーシアGP 決勝

malgp08_fin.jpg

2008年F1第2戦マレーシアGP決勝、制したのはフェラーリのキミ・ライコネン。
オーストラリアGPが散々な結果だっただけに、フェラーリとライコネンにとってはようやく今シーズンの開幕と言ったところ。

ただ、チームメイトのマッサがちょっといただけない。
ポールポジションからスタートし、スタートでライコネンを押さえつけてトップを快走していたあたりまでは良かったけれど、1回目のピットインでライコネンに逆転を許し、その後は徐々に離される。
そして、タイム差からの焦りがあったのか、2位を走っていた30周目にコースアウトし、そのままリタイヤ。

これで2戦連続でノーポイント。
そろそろ挽回しなければ、今シーズンのマッサのチャンピオンシップはかなり厳しいものになりそう。

2位にはBMWザウバーのロバート・クビサ。
マクラーレンの予選後のペナルティで、繰り上がりの2列目スタート。
序盤で上手くトゥルーリをかわしての表彰台で、2006年のイタリアGP以来。

3位にはマクラーレンのヘイキ・コバライネン。

4位には3番手からスタートして、最後ルイス・ハミルトンの追い上げをしのいだトヨタのトゥルーリ。
5位には追い上げ届かずのハミルトン。
ハミルトンは最初のピットストップでの時間ロスが惜しかった。

6位がBMWザウバーのニック・ハイドフェルド。

7位がレッドブルのマーク・ウェバーで、こちらも8位に入ったルノーのアロンソの猛追をかわしての順位。

後半の見所はこの7番手争いと、トゥルーリVSハミルトンの4番手争いだったように思う。

ここまでが入賞で、最後尾からスタートした中嶋一貴は結局完走17台中の最後尾でフィニッシュ。
スーパーアグリの2人も15-16位ながら今シーズン初完走。
まぁ、チームの状態を考えると良くやった。

今回のレース、ハミルトンの走りがどうも調子が悪いように思えたけれど、オンボードの映像なんかを見ている限り、ピットのミスで順位が下がった後の走りでは結構ミスが目立っていたように思う。
マシンのセッティングが決まっていなかったのかもしれないけれど、この辺り、意外と若いというか、まだ若干プレッシャーに弱いところがあるのかもしれないなぁ。

マッサのミスもそうだけど、今年のF1はホントにドライバーのそういう細かいミスがわかりやすく、見ていて面白い。
レース展開も去年より動きがあって、最後まで目が離せないし、こんな感じで最終戦まで見所が多いままで行ってくれると、ホントに良いシーズンになりそう。

次戦は4/4からのバーレーンGP。
ほんの少しの時間を開けての第3戦だけど、次回はどんなレースになるのやら。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1251

コメントする