05.04.08

バーレーンGP 予選

bahgp_q_080405.jpg

2008年F1世界選手権第3戦バーレーンGP。
2日目の今日は3回目のフリー走行と予選。

ここで好調だったフェラーリマッサを抑えて、自身初のポールポジションをBMWザウバーロバート・クビサが獲得。

多少戦略上の燃料の軽さはあるかもしれないけれど、ハミルトンライコネンも抑えてのポール獲得は立派なもの。
明日の決勝レース、スタート後にトップを譲る事がなく、しばらくフェラーリマクラーレンを抑えて走る事が出来れば結構面白いレース展開になるかもしれない。

2番手は空タンクの予選Q2でトップタイムだったフェラーリマッサ
3番手がマクラーレンルイス・ハミルトン
4番手にライコネンが入り、この辺りまではまぁ順当な感じ。

おそらく、この3人はクビサより燃料を多めに積んでいるんじゃないかとは思う。

5番手以下は、コバライネンハイドフェルドトゥルーリロズベルグバトンアロンソの順で、ここまでが10番手以内。

元々予選の早さに定評あるトヨタトゥルーリだけど、最近予選でずっと安定して速い。
トップ10には常連だし、これで決勝でも速いと結果がついてくるんだけど・・・。

ちょっと気になるのは同じウィリアムズロズベルグと16番手に終わった中嶋一貴の差。
同じように片方が最終セッションまで残り、もう一方がQ2で脱落してしまったルノーアロンソピケの差も気になるけれど、毎回こんな風に予選で差をつけられてしまうと、ちょっと評価を落としかねないなぁ。
ロズベルグアロンソがかなり速いドライバーなのは間違い無いけれど、共に二世ドライバーでルーキーの2人、中嶋一貴ピケJr.にはもうちょっと頑張って欲しい。

Q1でクラッシュしてしまった佐藤琢磨も少し心配だけど、まぁ、そんなに激しいクラッシュには見えなかったし、明日の決勝は多分大丈夫だろう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1239

コメントする