07.06.08

カナダGP 初日フリー走行

cangp_lh.jpg

F1世界選手権第7戦カナダGP、昨日行われた初日のフリー走行、1回目はマッサが最速、2回目はハミルトンが最速タイムをマーク。

どうやら現地では雨で始まった今年のカナダGPだけど、時間が経つにつれ路面が乾いて行くようなコンディション。
午後からは完全にドライで行われた2回目のフリー走行で、ハミルトンはただ1人1分15秒台のタイムを叩き出し、初日をトップタイムで終える上々の滑りだし。
マクラーレンに合っていると言われるモントリオールのコースに加え、去年の勝者でもあり、モナコを制した勢いというのもあるんだろう。
このまま予選、決勝とそのまんま勝っちゃいそうな感じだ。

結局、2回目フリー走行では、ハミルトン、クビサ、ライコネン、コバライネン、マッサ、ハイドフェルドの順で、上位は3強が完全に独占しているかたち。

中でも、午前、午後ともに2番手につけているクビサの好調っぷりが目立つ。
去年はここで大クラッシュを演じているワケだけど、その後遺症は全く無さそうだ。

時差の関係で、今日も日付が変わった頃ぐらいに予選があるんだろうけれど、このままいけば手堅い結果になりそうな予感。
ライブで見たいとこだけど、微妙に時間遅いしなぁ・・・。

決勝では荒れたレースに期待したいけれど、モナコ散々だったフェラーリにも巻き返してもらいたい。
予選はまぁ良いとして、決勝は眠い目をこすりながら真夜中に観戦だな、多分。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1426

コメントする