21.06.08

フランスGP 予選

fragp_q.jpg

F1世界選手権第8戦フランスGP予選、ポールポジションを獲得したのはフェラーリのキミ・ライコネン。
2番手も同じくフェラーリのマッサが入って、これでフェラーリはフロントロウ独占。

Q1、Q2ともにフェラーリが1-2で最速タイムをマークしていて、明日の決勝もかなり有利に進められそうな事は間違い無いけれど、その上、Q2でライコネンは最後のアタックを回避。
それでいてのポール獲得だけに、1周分多く積める燃料が決勝のレース戦略にどう影響するのかが楽しみなところ。

3番手はマクラーレンのハミルトンながら、ハミルトンは前戦のペナルティで10グリッド降格が決まっているため、実質は13番手。

4番手タイムはフリー走行から好調のアロンソで、繰り上がりで3番グリッド獲得。
その横4番グリッドにトヨタのトゥルーリ。

以下マクラーレンのコバライネン、BMWザウバーのクビサ、レッドブルのウェバー、同じくレッドブルのクルサード、トヨタのグロックで、タイム的にはここまでがトップ10。

フリー走行3回目で自身初のトップタイムをマークをして期待を持たせたルノーのピケがその後ろ。

明日の決勝では13番手からスタートになるハミルトンの追い上げ、久々の上位グリッド獲得アロンソの走りにちょっと注目したいところ。
後は結構トヨタレッドブルが速そうなので、その辺りの戦略も気になる。

基本的には抜けないサーキットで、路面温度が高くなりがちな事からタイヤにも負担がかかるサーキット。
雨にでもなれば荒れたレースになるだろうけれど、天気がどうなるか、気になるところだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1412

コメントする