24.06.08

Mi.To 正式発表

alfa_mito_080623.jpg

3月にそのスタイルなんかは発表されていたアルファロメオの新型“Mi.To”。
そのMi.Toが今月19日、正式発表。

そのスタイリングはすでに発表されていた写真と変わらないけれど、だいぶその雰囲気にも慣れてきた。
とりあえずイメージとしては小さな8Cといった感じそのもの。

サイズは全長×全幅×全高が4.06×1.72×1.44mで、全高以外は147より小さい。
全幅は1cm短いだけだけど、全長は16cm短い。
その分幅の広さが強調されたような感じになるのかな。

ブレラにしろ、159にしろ、最近のアルファの新型車は大きいクルマばかりだったので、ここにきて小さいクルマがデビューしたのは嬉しい限り。

ベースとなるシャシーはFIATグランデプントと同じものなので、サスペンションも同じ形式を踏襲するものの、耐ロール性向上など、アルファらしい各種チューニングが施されていて、そのコーナリング性能は147以上との事。

エンジンはガソリン仕様が1.4リットル・ターボ155馬力と、1.4リットル78馬力、ターボディーゼルが1.6リットル120馬力の3種類が用意され、78馬力仕様は「車重1tあたり出力が50kW以上の車両は、免許取得後1年間運転できない」というイタリアの新道交法に合わせたものらしい。

これでまぁ、78馬力仕様は置いといて、1.4ターボのモデルが1万7950ユーロで日本円で大体300万円ぐらい。
ちょっと高いような気もするので、もっとユーロが安くなって欲しいところではあるなぁ。

微妙にその車格がグランデプント・アバルトとかぶりそうなんだけど、この手のクルマが欲しい人にとってはある意味嬉しい悩みか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1409

コメントする