02.07.08

今週はイギリスGP

ukgp_080702.jpg

今週末F1は第9戦イギリスGP。
今シーズンのF1は全18戦なので、今回のイギリスGPで前半戦折り返し。

舞台となるシルバーストンは近年のF1ではかなり高速の部類に入るコース。
数少なくなってしまったクラシックイベントの1つだけど、ハンガーストレートからストウへの飛び込みなどでオーバーテイクも期待出来る。

去年はハミルトンがポールを獲得したものの、レースを制したのはフェラーリのライコネン。
前戦でエキゾーストパイプが破損した影響から、ライコネンはエンジンを交換してこのイギリスGPに挑むと見られているが、今年変更になったレギュレーション1回のみペナルティ無しでエンジン交換可能。
万全の体制でレースに臨めそうだ。

ハミルトンやバトン、クルサードあたりにとってはここはホームGP。
地元での活躍を期待したいところだけど、クルサードに関してはちょっと微妙なニュースも入ってきている。

昨日も牛追い祭りに参加した話をここで書いたところだけど、どうも今シーズン限りで引退するという事を週末に発表するのでは、という話が出ている。
確かに現役ではもっともベテランドライバーという事になっちゃった37歳。

派手さは無いけれど、レースが荒れると知らない間に上位にいたりと、ベテランらしい渋く堅実なレースが最近の持ち味だったし、居なくなるというのはちょっと残念。

まぁ、まだ噂の域を出ないけれど、来期はレッドブルのシートに、トロ・ロッソのベッテルが昇格すると見られているだけに、かなり現実的な噂。

そういう意味ではクルサードが地元GPでもう一花咲かせるところを見てみたい気もするなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1401

コメントする