12.07.08

タイヤってやっぱり減ってるんだ

alfa147ti_tire_2007.jpg

もうホントに当たり前の事ではあるんだけど、タイヤってやっぱり減ってるんだという事を改めて実感。

今日ちょっとPC内の写真を適当に整理していると、去年147でサーキットを走った直後のタイヤの写真が出てきた。
確かブログにもタイヤカスがついたその写真を使った気がするけれど、サーキットを走ったとは言え、納車後半年も経っていない頃のタイヤが上の写真。

確かにタイヤカスはたくさんついてるし、若干溶けたような肌になってはいるけれど、溝はかなり深い。

さすがほぼ新品。

そして、次の写真が今年のサーキット走行後の147のタイヤの写真。

alfa147ti_tire_2008.jpg

まぁ、コレが前回と全く同じタイヤを撮った写真なのかと問われると、それは全くわからないのだけど、定期的にローテーションもしているし、普段見ている限り各タイヤの減り具合はほぼ均等になってる。

で、比べてみると、今年の写真の方がやっぱりちょっと溝が浅くなってる(気がする・・・)。

まぁ、ホンのちょっとだけど。

普通、タイヤだけのアップの写真なんてあまり撮らないけれど、撮っておいたら撮っておいたで、こうやって減り具合の観察が出来るのかもしれないなぁ。
それだったら、ホントはちゃんと各タイヤそれぞれ写真を撮って比べないといけないのだろうけれど。

しかし、去年に比べて、今年のサーキット走行後のタイヤ、荒く扱われ過ぎだな。
暑かったというのもあるけれど、ちょっと表面の感じからすると、タイヤに負担かけ過ぎなのかもしれない。

それか、逆にもっとタイヤはギリギリまで使わないと速くなれないというのもあるかもしれないけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/991

コメントする