17.07.08

ロータスの新型

lotus_eagle.jpg

名前はまだ発表されていない。
ブリティッシュモーターショーに登場予定のロータスの新型。

2006年に始まった5か年計画で、3車種を発表するという“イーグル”と呼ばれるプロジェクトから最初に発表されるミッドエンジンの2+2スポーツカー。
正式な社名はモーターショーで発表されるそうで、それまではイーグルというプロジェクト名で呼ばれるんだろう。

3.5リッターのV6エンジンをキャビン後方、ミドの位置に積んで、2+2という事で4座の室内を確保するという、なかなか珍しいパッケージ。

見た目は結構正統派なスポーツクーペの格好をしているし、外側からだと2シーターと言われても、まぁ違和感の無いスタイル。

エリーゼなんかのかなりスパルタンなイメージのロータスを想像していると、微妙に正確が違うクルマなんじゃないかなというような印象。

写真のシルバーのボディカラー、ブラックアウトしたAピラー、ルーフの乗っかり方とその後端、Cピラーの感じが、なんとなく日産の現行GT-Rを思わせる雰囲気をもっているけれど、個人的にはあんまり引き込まれない感じのデザイン。
写真見ただけだから、何とも言えないけれど、一昔前の日本車や韓国車っぽい。

エリーゼぐらいのエグさがある方が好きなんだけどなぁ。

それでも中身はロータスだけに、良い走りをしてくれるんだろう。
おそらく。

2009年から販売が開始され、年間2000台が手作りで生産される予定のこのクルマ。
ロータスの伝統にそって、“E”から始まるハズのその車名は何になるんだろう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/986

コメントする