19.07.08

ドイツGP フリー走行

cangp_lh.jpg

マクラーレンが速い。

金曜日1回目、2回目のフリー走行、今日土曜日に3回目のフリー走行が行われた、F1第10戦ドイツGP。
最初のセッションから、3回目のフリー走行まで、好調なのはマクラーレン勢。

初日は午前・午後ともにL.ハミルトンがトップタイムをマークし、午後のセッションでは僚友コバライネンもそれに続く2番手タイム。
今日の3回目フリー走行ではコバライネンがトップタイムを叩き出し、3番手タイムをハミルトンがマーク。

さすがに地元グランプリの意地ってヤツか、ホントに好調な走り。

フェラーリもまぁ、そのすぐ後ろにつけるようなタイムを出していて、そこまでの差は無いかもしれないけれど、2回目のセッションでは5番手、3回目のセッションでは9番手に終わったライコネンの走りが少し気にかかる。

マクラーレンフェラーリを除くと、結構速さを見せているのがルノーのアロンソ。
フェラーリ2人の間に割って入ったりと、かなり上位に顔を出している。

現役ドライバーでここで優勝経験があるのはこのアロンソとホンダのバリチェロだけという事もあり、意外と相性の良いサーキットなのかもしれない。

若手では、クルサードの後釜でレッドブル本家入りが発表されたばかりのS.ベッテルが速さを見せていて、地元GPという事もあり、決勝での活躍が楽しみ。

午後からは雨という予報も出ているドイツ・ホッケンハイム。
もし雨の中で予選が行われるような事になれば、決勝に向けてレースも荒れ模様になってくるんだろうけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/984

コメントする