21.07.08

ドイツGP 決勝

ukgp08_fin_lh.jpg

2008年F1世界選手権第10戦ドイツGP。
今回は本当に面白いレースだった。

新しくなったホッケンハイムの森にはやっぱり魔物はいなかったけれど、その代わりに随所で見られたオーバーテイク。
特にレース終盤でのハミルトンの追い上げは見事だった。

レースを面白くしたのは35周目、トヨタのグロックのクラッシュによって導入されたセーフティカー。
多くのチームが2回目のピットインを目前に控えたタイミングでセーフティカーが入った事によって、レースが大きく動き出す。

ここでほとんどのチーム、ドライバーがピットイン。
タイヤ交換・給油を行う中、トップを走るハミルトンはこのタイミングでのピットストップを見送った。

普通に考えて、ここでのピットストップと、セーフティカーラン終了後でのピットストップのタイムロスの差は明らか。
タイヤのライフに不安を抱えていたのか、搭載燃料搭載量の問題か知らないが、どうにもこれは失敗に思えたんだけど・・・。

その上、同じくこのタイミングでピットインしなかったルノーのピケJr.が1ストップ作戦という事が濃厚に。

この時点でのオーダーは1位ハミルトン、2位ハイドフェルド、3位ピケという順。

ピケより前を走るハミルトン、ハイドフェルドはもう1回のピットストップが必要になるため、そうなった後トップに立つのはピケという事になる。

個人的にはここでルーキー、しかも戦闘力に劣るマシンを駆るネルソン・アンジェロ・ピケの初優勝というのを見たかったけれど、そこは去年チャンピオンシップを最終戦まで争った天才ハミルトン、やっぱり可愛げ無い。

まずはピットインまでのラップを飛ばしに飛ばして51週目にピットイン。
ピケがまだ1ストップか2ストップか確定していないこの時点で、ハミルトンとしてはここでフェラーリのマッサより前でレース復帰出来ればかなり上出来だっただろうけれど、戻れたのはマッサ、そしてチームメイトであるコバライネンの後ろ。

ここからハミルトン、怒濤の追い上げ開始。
コバライネンはチームメイトという事で、追いつかれてすぐ、周回遅れのごとくサラっと道を譲り、次の標的はマッサ。
明らかに速いハミルトンはマッサにもすぐ追いつくと、たった1回のアタックで、いとも簡単にマッサをオーバーテイク、ここでマッサも意地を見せて抜き返すかたちを作るものの、再度前に出る事は叶わず、これでハミルトン2番手。
いつもの事だけど、マッサの抜かれ方、もうちょっとなんとか粘りというか、抜かれる前の抵抗を見せて欲しいところ。

そしてこの後、トップのピケの背後につけると、これもあっさりとオーバーテイク。
セーフティカー導入のタイミングというレースのアヤとは言え、突然の初優勝が迫っていたピケの希望はここで潰えた。

結局上位はこのままレースを終え、1位ハミルトン、2位ピケ、3位マッサで、それでもピケは嬉しい初表彰台。
4位ハイドフェルド、5位コバライネン、6位にこちらも途中かなりの追い上げでオーバーテイクをいくつも見せたライコネンが入り、7位クビサ、8位ベッテルという順位でここまでがポイント獲得。

まぁ、とにかく、今回はハミルトンが速すぎた上に、フェラーリがどうにも不甲斐無さ過ぎた。
次戦はそろそろ巻き返さないと、ハミルトンがこのまんま波に乗っちゃいそう。
しかも、コバライネンのポジションの譲り方から察する限り、マクラーレンは完全にハミルトンがナンバー1体制。
対するフェラーリはマッサとライコネンがポイントを分け合っていて、ある意味去年とは両チーム逆の展開になりつつあるのかもしれない。

次回はオーバーテイクが難しく、予選が重要になるハンガリーGP。
予選で若干難のあるフェラーリにとってはそこをなんとかしないと、厳しい戦いを強いられるかもしれない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/982

コメントする