26.07.08

ディーラーからのメールでもAlfa MiTo

mailnews_mito.jpg

時折届く147TIを購入したアルファロメオディーラーからのメールマガジンのような感じのメール。
昨日届いたその最新版では、まだ日本には入ってきていない"MiTo"が紹介されていた。

「8Cの香りを乗せて Alfa MiTo」とタイトルのついた記事の内容は、まぁこれまでにもある程度色んなところで紹介されてるMiToの概要。

そして、日本に導入される可能性が高いのはガソリンエンジンの1.4リッター・ターボ、155馬力仕様だろうとの事で、6速MTと"デュアル・ドライクラッチ・トランスミッション"と名付けられた、2連クラッチ式シーケンシャルシフトが用意されるらしいという話。

まぁ、日本では人気のないディーゼル仕様を入れるとは思えないし、入ってくるのはやっぱりガソリン仕様だろうなぁ。

それも、イタリアの法律に無理矢理合わせた低出力仕様じゃなく、ちゃんと155馬力の方というのも当然。

最近はアルファもちょっと大きいクルマばかりになっちゃってた中、久しぶりの小さいアルファロメオ
手頃なサイズだけにそこそこ売れるんじゃないかと思うけれど、日本じゃやっぱり6速マニュアルより、シーケンシャルシフトの方が売れるんだろうなぁ。

このシーケンシャルシフト、セレスピードじゃなく、わざわざ"デュアル・ドライクラッチ・トランスミッション"なんて新しい名前になってるって事は、ギアボックスのシステムをまた新しいものに変えてきてるのかな?
これまた、今流行のシームレスシフト的なギアボックスなんだかどうなのか。

147から乗り換えるつもりは全然無いけれど、日本導入が待ち遠しいクルマであるのは間違い無いところ。
たぶん待ち遠しいのはディーラーも同じなんだろう、やっぱり入ってくる前から覚えてもらって販売につなげていきたいんだろうなぁ。

>>>アルファロメオ MiTo 試乗記事はコチラ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/977

コメントする