01.08.08

ハンガリーGP フリー走行1回目

istgp_q.jpg

F1世界選手権第11戦ハンガリーGPが今日からスタート。
まず最初に行われたフリー走行の1回目でトップタイムをマークしたのはマッサ。
ライコネンも2番手タイムを出していて、フェラーリ勢1-2と順調な滑りだし。

マクラーレンの方もコバライネン-ハミルトンの順で3-4番手につけていて、こちらも順調。

5番手にルノーのアロンソ、6番手にトヨタのグロック。
グロックは激しいクラッシュからの復帰戦ながら、いきなり速いところを見せて、事故の影響が何とも無い事をアピール出来たよう。

BMWザウバーはクビサがその後ろの7番手で、トップ2にはちょっと置いて行かれたような感じ。

その後8番手が全開嬉しい初表彰台を獲得したピケで、ルノーはシーズン後半になってマシンのポテンシャルが上がってきているのかもしれない。

その後ろがハイドフェルド、トゥルーリの順で、ここまでがトップ10タイム。

上位の方はこれと言って大きな驚きも無く、順当かなといった感じのハンガリーGP最初のセッション。
下位の方もホンダは14-15番手と相変わらず苦しんでいるし、ウィリアムズもその後ろ16-17番手で苦戦中。

また、ここのところ速さを見せているベッテルもマシンのトラブルで4周しか走れず最下位に終わっているけれど、ここのところの走りからすると、マシンさえ完調に戻れば午後からのセッションでタイムを引き上げてくるんじゃないかと思う。

まぁ始まったばかりで何とも言えないけれど、このままの勢いを維持して、そろそろフェラーリには逆襲に転じて欲しいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/971

コメントする