10.08.08

ブガッティ・ヴェイロンにオープンモデル

bugatti_veyron-_grand_sport.jpg

昨日は昨日でアストンマーチンのスーパースポーツの事を書いたところだけど、今日もこれまた超弩級のスーパーカー“ブガッティ・ヴェイロン16.4 グランドスポーツ”。

8リッターW16エンジン4ターボチャージャーで1001psの最高出力を絞り出すエンジン、最高速400km/hをマークするブガッティ・ヴェイロン16.4 クーペモデル性能をほぼそのままに、屋根を取っ払ったオープンモデル。

8月16日にアメリカ・ペブルビーチで開催される“ペブルビーチ・コンクール・デレガンス”にて公開されるとの事。
価格は2億5300万円、販売台数は150台限定。

ブガッティ・ヴェイロン自体、格好良いかどうかというレベルを超越したようなクルマではあるけれど、今回のオープンモデルのリアビューは結構格好良いかも。
物凄い量感があるお尻は、力強くて、まぁ速そう。

ルーフは今流行の電動メタルトップでも、電動のソフトトップでもなく、着脱式。
その上、外したルーフをしまっておくスペースも用意されていないらしい。

オープンで乗る日は途中で雨が降ろうが、そのまま走り続けろという事か・・・。

2億5300万円もするクルマ、まず乗る機会があるとは思えないけれど、スポーツカーというような乗り味では無さそう。
見た目の印象からしても、スポーツと言うより、グランドツアラー的な感じ。

さすがに屋根を開けた状態で最高速にアタックしたらとんでもない事になるんだろうなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/962

コメントする