23.08.08

ヨーロッパGP 予選

F.Massa

F1世界選手権第12戦ヨーロッパGP予選。
初開催となるバレンシアでのポールポジションはフェラーリのフェリペ・マッサ。

前戦は残り3周でリタイヤという、かなり残念な結果に終わってしまったマッサだけど、レースではかなり速いところを見せていたし、フェラーリも速さを取り戻してきているのかも。

2番手にはハミルトンがつけて相変わらず速い。
その後ろ2列目にはBMWザウバーのクビサ、4番手にライコネンという順で、ドライバーズポイントトップ4が4番手までを占める。

速い4人が上位に固まって、スタート直後は目が離せない展開になりそう。

5番手はマクラーレンのコバライネン、6番手には最近トップ10の常連になりつつあるセバスチャン・ベッテル。
7番手にトゥルーリ、8番手ハイドフェルド、9番手ロズベルグ、10番手にトロロッソのボーデというのが予選トップ10。

中嶋一貴が惜しくも11番手でトップ10入りを逃しているけれど、ウィリアムズはここバレンシアで速さを見せていて、ロズベルグ共々決勝での結果に期待が持てそう。
アロンソの前につけているというのが序盤なかなか大変かもしれないけれど・・・。

期待したいのはここでもトロロッソのベッテルで、予選Q2でトップタイムを叩き出してるのが面白い。
どちらかというと弱小チームのイメージがあるトロロッソでこの結果は本当に驚き。
6番手からのスタートなので、レース展開次第で面白い存在になりそうだ。

初開催という事でどんなレースになるのか本当に楽しみなバレンシア。
どんなとこでオーバーテイクがあるのかとか、レース戦略とか、色々気になるところはあるけれど、決勝は明日。
ホント、どんなレースになるのやら。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/949

コメントする