08.09.08

ベルギーGP ハミルトンにペナルティ

spa_08_fin_massa.jpg

雨に翻弄された昨日のベルギーGP
最後の最後でライコネンを逆転し、優勝を手にしたハズのハミルトンにペナルティが課される事になった。

レース終了の時にすでに審議対象になっていたので、ある程度こうなる事は予想出来たけれど、25秒加算のペナルティによって、ハミルトンのリザルトは3位に。
繰り上がりでマッサが優勝、ハイドフェルドが2位という事になる。

審議の対象になったのは、レース終盤でハミルトンがライコネンを抜いた際に、シケインをショートカットし、一旦はライコネンにポジションを譲ったものの、すぐに抜き返したというところ。

まぁ、確かにTVで見ていてもちょっとマズいかもしれないなぁという状況ではあった。

ただ、マクラーレン・チームはこの裁定を不当として抗議しているため、まだベルギーGPの結果は正式に確定という事にはならなさそうだ。

そして、同じくトヨタのグロックにも25秒加算のペナルティが課され、こちらは折角のポイントを失う結果に。

審議の対象は、ライコネンがクラッシュして出された黄旗による追い越し禁止区間でのオーバーテイク。
これでウェバーをかわしていたんだけど、結局はペナルティで順位が逆転、8位1ポイントはウェバーに与えられる事になった。

レース後に順位が変わるというのはどうにも釈然としないけれど、レース終盤のアクシデントだけに多少は仕方ないか。
最後はホントにゴタゴタしていたし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/933

コメントする