04.10.08

RENAULT MEGANE TOROPHY

renault_megane_torophy.jpg

ルノー・メガーヌによる世界選手権のワンメイクレース"メガーヌトロフィ"。
その2009年シーズン用新型メガーヌトロフィ

メガーヌクーペをベースにしていると言いながら、共通するのはヘッドライトにテールランプ、ウィンドウガラスぐらい。
その上、本来フロントに積まれるハズのエンジンはリアミッドに置かれ、その排気量は大幅アップの3.5リッター。
しかも、そのV6エンジンは360psを発生し、車重はたったの955kgと、スタイルも含めホントに滅茶苦茶なクルマなんだけど、滅茶苦茶格好良い。

メガーヌ自体は本来はハッチバックボディの実用車。
なのに、コイツはサーキットでポルシェ911GT3と同じくらい速いなんてアナウンスされてる。

やたら高くて太いサイドシル、斜め上に跳ね上がるドア、張り出した前後フェンダー、ルーフに付いたダクト、どれをとってもホントにレーシーなんですけど。

これぐらいのクルマにでっかいエンジンを載せて、しかもミドシップにしちゃうのはフランス車の伝統と言うか、ルノーらしいというか・・・、まぁこれまでにもあった手法だけれど、今まで見た中で一番過激な気がする。

うーん、どんな走りをするんだろ、コレ。

リアのデカいウイングもさることながら、フロントの形状もいかにもダウンフォースを発生しそう。

3.5リッターV6は日産のVQエンジンがベースというし、かなりパワフルなんだろうなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/907

コメントする