11.10.08

F1日本GP 予選

fujigp_08_q_lh.jpg

F1世界選手権第16戦日本GP。
初日は晴れ、ドライでのセッションから始まったものの、2日目の今日は午前中雨、ウェット路面でフリー走行はスタート。

このフリー走行3回目、途中降ったり止んだりしながら、徐々に路面が乾いていくようなコンディションでトップタイムをマークしたのはトヨタのティモ・グロック。
地元開催の意地でフリー走行だけでもトップに立たせるため、軽いタンクでアタックしたのかもしれないけれど、それでもトップタイムは立派。

結局、このセッション以降雨は上がり、午後の予選はドライで行われる事に。
BMWザウバーのハイドフェルドがQ1で脱落するなど、多少の波乱を含んだ予選を制したのはルイス・ハミルトン。

ハミルトンは去年も富士でポールポジションだったので、これで日本GP2年連続のポール。

2番手にはライコネンがつけ、それを挟んで3番手はコバライネン。

ハミルトンにとってはチャンピオンシップを争う直接のライバル、マッサが予選5番手に沈んだ上、それよりも前にチームメイトのコバライネンがいる事で、チャンピオン獲得に向けてかなり有利な状況。
スタート直後にライコネンが先頭に立つような展開にでもなれば多少の期待が持てるけれど、ハミルトンに独走されるようであれば、ここでのフェラーリの勝利は難しいかもしれない。

シンガポールでの勝利で勢いのあるアロンソが4番手、5番手マッサの次、6番手がクビサ、7番手トゥルーリ、8番手グロックとトヨタ勢、9、10番手にベッテルとボーデのトロ・ロッソ勢が続いて、ここまでがトップ10。

明日の決勝は天候晴れの予報なので、去年のようなレースにはならないと思うけれど、そうなれば富士では初めてのまともなレース。
どういった展開になるか、言い方は悪いかもしれないが、ちゃんとしたレースが見れるというだけでも今から楽しみだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/900

コメントする