13.10.08

F1日本GP 決勝

f1jpgp_fuji_08_fin_fa.jpg

F1世界選手権第16戦日本GP。
今年で改修後2回目のF1開催となった富士スピードウェイは天候にも恵まれ、運営も去年の惨状は一体なんだったんだっていうぐらいスムーズ。
バスは待たずに乗れるし、係員は多すぎるんじゃないってぐらいの人数がいるし。

去年からこれくらいの準備しててよ、トヨタさん。
そして、チケット&ライドなんてシステムを強要するんだったら、これぐらいやってて当然なんだと思う。

肝心のレースの方も申し分無いくらいに面白い展開。
波乱の富士を制したのはアロンソで、シンガポールに続き、驚きの2連勝。

荒れたレースで、チャンスを確実にモノにする、元チャンピオンらしいさすがのレース運び。
うーん、やっぱり凄いわ、アロンソ。

ポールポジションを獲得した、現在ポイントランキングトップのハミルトンは、スタートでやや出遅れ。
2番手からスタートしたライコネンに先行されて焦ったのか、明らかに無理なスピードで1コーナーへ進入。
当然のようにタイヤスモークを上げながら、ライコネンを押しのけつつ1コーナーをオーバーラン。

これで、ライコネン共々大きく順位を下げる。

さらに後方に下がったハミルトンはマッサと接触しスピン。
その上1周目のコースアウトが危険だとしてペナルティまで貰ってしまい、チャンピオンシップを争う上で重要なレースを台無しに。

ハミルトン、基本的には速いんだけど、レースで無茶な行為も多いし、目の前に魅力的なものがぶら下がった状態で予定外の事が起こるとかなり焦りやすいみたいだ。
これで中国、ブラジルもミスで失い、目前のチャンピオンを今年もフイにしちゃわなければいいけれど。

f1jpgp_fuji_08_fin_rk_kr.jpg

2位にはライコネンの追撃を振り切ったクビサ、3位には序盤順位を下げつつ追い上げたライコネンが入り、4位はピケJr.。
ルノーはアロンソとピケで1、4位のW入賞。

この辺り、2-4位の争いもレース後半本当に面白かった。

5位には粘りの走りでトゥルーリ、6位に入ったボーデはレース後25秒加算のペナルティで10位降格。
繰り上がりの6位が同じトロ・ロッソのベッテル、7位マッサ、8位ウェバーまでが入賞。

ホント、今年の富士のF1は観に行って良かった。
随所で、バトルも見れて面白いレース。
1コーナーで観てた人なんか、ホント最高だっただろうなぁ。

f1jpgp_fuji_08_bus.jpg

帰りのバスも全然スムーズに乗れるし。

これで、次戦は中国GP。
ハミルトンがノーポイントに終わり、クビサが2位に入った事で、クビサにもチャンピオンの可能性が出てきた。
このまま行けばまたまた三つ巴でのチャンピオン争い。

クビサがたった1勝でチャンピオンというのも若干微妙ではあるけれど、これで今シーズン後半戦もまた面白くなってきた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/898

コメントする