03.11.08

ブラジルGP 決勝

augp08_hamilton_q.jpg

スタート直前の雨、そして最後の最後でも雨。
ホントにとんでもないタイミングで雨が降ってくれるもんだ、インテルラゴス。

2008年F1最終戦ブラジルGP、フォーメーションラップ開始直前に雨が降った後、中盤ではこのまんま平坦なレースになっちゃうかなと思ってたんだけど、遅い時間まで眠い目をこすりながら見てた甲斐があったよ。
最後の数周はもうハラハラしっ放しだ。

ポールからスタートし、キッチリとレースをまとめあげたのはフェラーリのマッサ。
そして、2位アロンソ、3位ライコネンが表彰台。

ファイナルラップ、雨の中5番手を走っていたハミルトンをベッテルがオーバーテイク。
6位転落でチャンピオンの座はマッサに転がり込んできたかと思ったけれど、ハミルトンがフィニッシュラインを越える直前、ホンの10秒ぐらいのところでドライタイヤのまま雨で失速した4番手トヨタのグロックが抜き去られたところでチャンピオンが決まった。
そりゃあマッサの家族は勘違いして大騒ぎするよ。
あっさりトヨタのマシンが抜かれるのを見た時は一瞬理解出来なかったし・・・。

マッサにはそれなりに運も向いていたと思うし、雨の中珍しくキチンと速かったんだけど、ギリギリで完全には運を見方に出来なかったらしい。
それでもポイント的にハミルトン圧倒的有利な中、良くやったか。

4位が雨の中ハミルトンをかわしたベッテル。
5位がこれで史上最年少チャンピオン、ハミルトン。
6位にはなんとかこの順位に滑り込んだグロック、7位にコバライネン、8位トゥルーリで、ここまでがポイント獲得。

とりあえず、ドライバーズチャンピオンおめでとう、ハミルトン。
コンストラクターズタイトルはフェラーリで、こっちもとりあえずおめでとう。

ホント、最後の最後で目が覚めた、今回のブラジルGP。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/877

コメントする