24.11.08

紅葉の下の赤いKarmann Ghia

minoh_karmann_ghia.jpg

昨日行った紅葉の箕面
たまに訪れる、日曜日の朝なんかと違って、見かけるクルマは完全に観光に来ましたというようなクルマばかり。

なので、「おっ!」なんて思うようなクルマにはほとんど遭遇しなかったんだけど、その中でもごく少数目に留まったクルマのうちの1台がコレ。

フォルクスワーゲンのカルマンギア。

真っ赤なボディはちょっと色褪せていて、雰囲気も結構ヤレ気味。
横を通りがかりに見てみても、あまりに普通に使われ過ぎていて、大事にされてるって感じは全く無いんだけど、そのヤレ加減がどことなく良い雰囲気を醸し出していた。

鮮やかながら、派手過ぎない赤もちょうど良かった。

ある意味、フォルクスワーゲンの実用車をベースに作られたクーペなので、こういう日常的に使われてる感がある方がしっくりくるのかも。

個人的には、ドイツ車の中でも流麗なボディを纏うこのクルマは結構好きなクルマ。

まぁ、そのボディ自体はイタリアのカロッツェリアであるギア社が手掛けているので、ドイツ車らしからぬ雰囲気が趣味に合うのかもしれない。

紅葉も良いけれど、ボクとしては見かけるクルマも色々気になるワケで、もうちょっと色々面白いクルマが見れたら良かったんだけどなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/856

コメントする