05.12.08

ホンダがF1撤退!?

honda_f1_08_fuji.jpg

なんだか、昨日自動車業界が厳しそうだって話を書いたところなのに、今日になってそんな自動車業界の厳しさを象徴するようなニュース。

ホンダが突然緊急記者会見を開き、F1から撤退するという発表をしてしまった。

しかも、もういきなり来期2009年シーズンは参戦しないという話。
去年、今年の富士から、来年は鈴鹿にF1が帰ってくるというのに、そこで主役であるハズのホンダがいなくなっちゃうなんて・・・。

F1のコストを下げようと、各チームが話し合いを行ったり、新しいレギュレーションが考案されたりしてる中、それ以上に金融危機の影響は大きいのかもしれない。

ホンダのリリースは以下のような感じ。

私どもHondaは、このたび、2008年をもってF1レース活動から撤退することを決定いたしました。

 サブプライム問題に端を発した金融危機と、それらに伴う信用危機、各国に広がった実体経済の急速な後退により、Hondaを取り巻くビジネス環境は急速に悪化してきています。
当面の世界経済は不透明さを増すばかりであり、回復にはしばらく時間がかかることが予想されます。

 Hondaはこの急激かつ大幅な市場環境の悪化に対し、迅速かつフレキシブルに対応をしてきましたが、将来への投資も含め、さらに経営資源の効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定いたしました。
今後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってきたHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含め従業員と協議にはいります。

 Hondaは第3期のF1活動として、2000年よりB・A・Rとの共同開発という新しい形での参戦をいたしました。
その後のF1を取り巻く環境変化により2006年よりHondaが100%出資するチームとしての運営に移行しました。
最高峰のレースへの挑戦は、思いのほか厳しい道のりでしたが、多くの応援を頂き、2006年に貴重な1勝をあげることができました。
頂いたご声援に十分お応えすることなく撤退の決定をすることは大変困難をともなう決断でした。

 今後は、この激動の時代を生き抜き、レースで培われたチャレンジング・スピリットをもって、様々な新たな課題に引き続き挑戦し続けてまいります。

 これまで、ご声援をくださった多くのファンの皆様、そして活動を支えてくださったF1界の皆様に対し、心よりお礼申し上げます。

 ありがとうございました。

本田技研工業株式会社
代表取締役社長
福井 威夫


まぁ、確かに、ここ数シーズンのホンダの成績はずっと低迷したままだし、そんな中でかなり高額の予算を必要とするF1への参戦継続を、経営陣や株主に納得させるのは相当に困難だとも思える。

他に大きなスポンサーでもついているのであれば違ったのかもしれないけれど、ホンダF1には大きなスポンサーはいないし、ホンダ100%出資のチーム。
金融危機から始まる、自動車の販売不振の直撃を受けちゃったんだろう。

しかし、あまりにも唐突。
チームはこれから90日以内に売却先を探すとしているけれど、果たして良い引取先があるのかどうか。
ロス・ブラウンも連れてきて、大きくレギュレーションの変わる来期は、ホンダにとってチャンスだと思われていただけに、非常に残念だ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/845

コメントする